北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (29)Wuyak-kuita  ブロードフェイス
B2.jpg
 
ブロードフェイスカチーナのホピ名は、ウヤック・クイタ。カチーナには、ランナー、ハンター、チーフ、ガード、植物、動物、昆虫、ピエロ、オグレ等、様々はタイプがあるんですが、わたしはガードカチーナの典型です。ギョロっとした目の強面で、儀式での規律を徹底する役割を持っています。ビーンダンスの儀式では3つのメサに登場します。ユッカの鞭を手にし、このギョロっとした目を効かせて、儀式が滞り無く遂行できるよう近辺をしっかりガードするのです。とかくやりすぎのピエロに対しても、唯一、ピエロに近づき、ガツンと注意できるのもわたしたちブロードフェイスだけではないでしょうか。

B9.jpg

B8.jpg

さて、わたしのマスクですが、ユッカのバスケットからできています。そのうえに模様をペイントしたコットンの布地が覆われています。あご髭は馬の毛。ブロードフェイスというだけあって、わたしの顔は横長に広く、とにかく大きい!ホピのビーンダンスの儀式を一度でもご覧になった方はご存知かと思いますが、見てくれもさることながら、わたしたちブロードフェイスカチーナはかなりパワフルな存在です。

B4.jpg

わたしを作ったアーティストですが、Sandra Suhu といってこのサイトでは今回初めて紹介されます。なかなか洗練されて作品をつくる若手で、将来が楽しみな作家です。カチン・マナたちおふた方も注目しているようです。上の写真はパアクアのカップルと一緒に撮ったものです。このカエルのカップル、どういうわけか、わたしにひっついてはなれないのです。慕われているのかなんだか、でもまあ悪い気はしませんけどね。そうそう、日本の皆さん、連日猛暑のようですね。くれぐれも体調を崩さないように。またお会いしましょう!お元気で!


身長頭の羽根を入れて約20センチ。コットンウッドに、ミックスメディアにて彩色。小さいながら、人目をひく、大変パワフルな存在感のあるカチーナです。サンドラ・スフ作。

(価格)雪 SOLD

* 価格に関しては、メニューの“ご案内”をご参照ください。



Copyright (C) Katsin’ Masas LA 2008 All rights reserved.
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。