FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (34)マサウ MASAU
masau1.jpg

ジャパンのみなさん、こんにちは。僕はマサウです。僕らマサウというのは、ホピの人々の保護者的な役割を担い、別名、 Earth God(地上の神様)とも呼ばれ、カチーナの中でも別格です。他のカチーナたちは、一年の半分をホピ、半分をサンフランシスコピークスで暮らしているんですが、僕らマサウはサンフランシスコピークスには暮らさず、一年中いつでもホピに行くことが出来ます。カチーナたちは、7月に行われるニーマンカチーナの儀式が終わると、サンフランシスコピークスに帰ってゆくのですが、僕らマサウの本当の出番はニーマンカチーナの儀式が終わる翌月の8月なんです。

Masauu.jpg
                Illustration from "HOPI KATCINAS'" by Jesse Walter Fewkes

儀式では、マサウに扮するホピの男性は、大きな丸い目と口、カラフルな小さな丸が沢山描かれた白いマスクを被り、頭の上には祈りのための羽根を沢山くっつけた何本もの小枝を乗せ、ウサギの皮で作られた毛布をまとい、キルトにサッシュを締め、赤いモカシンを履き、手にユッカの葉のムチを持って登場します。

masau2.jpg

僕の生みの親はネイトさんという今注目をあびている若手カーバーです。以前、カチン・マナスTOKYOのサイトで僕の従兄弟が紹介されましたが、あのカラフルな彼もネイトさん作です。このサイトでは、ウェイランドさん作のマサウが紹介されていますが、ネイトさんが生み出すマサウというのは独特でエキセントリック。それでいて、どこかミステリアスで、気品があると、カチン・マナたちはネイトさんが作る僕らマサウには一目置いているようです。

身長は、頭の羽根かざりを入れて約30センチ。コットンウッドにミックスメディアにて彩色。大変愛嬌があり、ミステリアスな雰囲気をもつカチーナ。作品としてもよくまとまっており、存在感に溢れた作品です。ネイト・ロマテワマ作。

(価格)雪


* 値段に関しては、メニューの“ご案内”をご参照ください。


Copyrght (C) Katsin' Manas LA 2008   All rights reserved.
スポンサーサイト

カチーナ人形コレクション (33)タワ TAWA
tawafront.jpg

僕はタワ。“太陽”のカチーナです。僕はホピの儀式にはあまり登場しませんが、シンボル的な存在のカチーナで、ミックスダンスにはいつも顔を出します。

tawaleft.jpg

ご覧の通り、僕の顔はまん丸で、額は赤と黄色に塗り分けられ、長方形の目と、逆三角形の黒い口。これらはタワ・カチーナの特徴です。また、顔のまわりに太陽を表す羽根が一周しているので、一目でタワとわかると思います。儀式に登場しないわりには、カチーナのなかでは好感度ナンバーワン。太陽を表すだけあって、他のカチーナとはちょっと別格で、とても人気のあるカチーナなんです。

tawaright.jpg  

僕の生みの親は、フィルバートさん。フィルバートさんはタワ・カチーナを作るのがとても好きだそうで、僕を作る過程もそれは慎重、丁寧で、顔のまわりの羽根も一本一本づつ懇切丁寧に真心を込めて入れ込むんです。

tawaback.jpg

このサイトでもお知らせしたかもしれませんが、ホピでは毎年10月第2週目の週末にツヒズマ(Tuhisma)というアート&クラフトショウがあるんですが、それにかこつけてカチン・マナたちはホピに来たんです。そのときにフィルバートさんから譲り受けたカチーナのひとつがこの僕です。僕はそれ以来ロサンゼルス在住のカチーナです。ホピもいいけど、ロサンゼルスってところもなかなかいいですよ。


身長28センチ。コットンウッドに自然顔料で彩色。素朴で、大変愛らしいカチーナです。自然顔料のよさが如実に表現されたカチーナの秀作。フィルバート・ホナニー作。

(価格)雪 SOLD

* 価格に関しては、メニューの“ご案内”をご参照ください。



<<<2008年開催されたTuhisma(アート&クラフトショウ)のポスター>>>
tuhisma.jpg

イベントのご案内:

「ホピ・ズニ作家展 さいたま展」が、11月8日(土)~10日(月)までJR浦和駅近くのSalon de flamme (サロン・ドゥ・フラム)で開催されます。
ホピとズニのジュエリー作家が数人来日し、作品が展示即売されます。
詳しくは、「ホピ・ズニ作家展」をご覧ください。




Copyright © Katsin’ Manas LA 2008  All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。