FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (36)ソヨコ  SOYOKO
S3.jpg

2008年もいよいよ残り少なくなってきました。ジャパンの皆様、いかがお過ごしですか? カチン・マナスLAの今年最後を飾るのは、この私、ソヨコにございます。そう、泣く子もだまる、人食い鬼にございます。うふふ。。ソヨコというのは、そうですね、ジャパンでいうなまはげみたいな存在でございましょうか。

ソヨコの特徴といえば、黒い顔にギョロリとした大きな黄色い目、それと横に裂けた口でしょうか。儀式では、私を演じるホピの男は(カチーナは男性しか演じられませんので、あしからず)黒い女性用のドレスを着て、白いブーツを履き、手に肉切り用のナイフと杖を持った姿で登場するのでございます。それは、それは怖いカチーナなのでございますよ。

S2.jpg

私たちソヨコは、2月に行われるビーンダンスの儀式が終わった後、夜になると村人の家々を訪ね、男の子にはネズミを捕まえてくるように、女の子にはトウモロコシを挽いて「ピキ」を作るよう命じます。そしてもし、それができなかった子には、おまえを食べてしまうよ~、と言って、それは鬼のほうな形相で脅かすのでございます。うふふ。。

S1.jpg
            
私を作って下さったのは、マニュエル・シャヴァリア先生。伝統スタイルのカチーナ人形を作るトップカーバーです。私はマニュエル先生のごく最近の作品でございまして、マニュエル先生はまたまた新しいテクニックを私に駆使されております。私のボディの色なのですが、なんと4つのレイヤーでカラーリングをしているらしく、なんとも不思議な色と雰囲気を醸し出しております。いつもながら、 先生のオリジナリティーには脱帽ものでございます。

それでは皆様、2009年もカチン・マナスをよろしくお願いいたします。よいお年を!!

身長約28cm。コットンウッドにミックスメディアで彩色。彩色にあたり、4つのレイヤーでカラーリングしており、玉虫色のような光沢に仕上がっている。赤い舌を出しているソヨコは第3メサのスタイル。人食い鬼とはいえ、どこかユーモラスで、愛らしい。 マニユエル・シャバリアJr.作。

価格: 雪

★詳細は、メニューの”ご案内”をご参照ください。



Copyright (C) Katsin' Manas LA 2008   All Rights Reserved.
スポンサーサイト

カチーナ人形コレクション (35)AVACHHOYA アヴァチュホヤ

spottedfront.jpg

僕はアヴァチュホヤ、英語ではファイアーカチーナという名前で呼ばれています。 ホピでは、毎年7月にニーマンカチーナダンスという大きな行事があります。そう、カチーナたちが7月にサンスランシスコピークスに帰る季節に行われるとても重要な儀式です。その儀式の代表格であるカチーナがヘミス・カチーナ(Hemis Kachina) で、僕はそのへミス・カチーナの弟です。ヘミス・カチーナはニーマンダンスの代表格なので、時にはニーマンカチーナとも呼ばれます。ニーマンカチーナダンスというのは、日本でいうお盆かもしれません。死者や精霊を手厚く葬る、畏怖の念を持ち続けるという点では、日本のひとたちと僕らホピ族に共通点があるような気がするのですが。。。
 
spottedsideview.jpg

ファイアーカチーナには各メサによって異なりますが、僕の生みの親が第一メサ出身のクラークさんですから、僕は典型的な第一メサのファイアーカチーナです。 クラークさんは僕の額に水の守り神であるカエルを描いてくれ、僕をよりカラフルに仕上げています。頭の髪飾りもうんと派手にあしらってくれました。僕はカチン・マナスLAがごく最近クラークさんより委ねられた作品で、10月以来ロサンゼルス在住です。来年2月にカチン・マナスのお姉さまたちが、第2回目のホピ・カチーナ展を開催する予定らしく、僕もその時は日本に連れて行ってもらえそうで、いまからドキドキしています。その節はどうぞよろしく!

Aback.jpg  

身長は頭上の飾りも入れて約40センチ。コットンウッドに自然顔料にて彩色。頭上にはゴージャスな髪飾りがあしらわれ、大変愛らしいファイアーカチーナに仕上がっています。額に描かれたカエルにもご注目ください。クラーク・テナコングヴァ作。

(価格)雪
SOLD

*価格に関しては、メニューの”ご案内”をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas LA 2008   All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。