北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (39)MASTOF  マストッフ
マ2

僕はマストッフカチーナ。このサイトでも一昨年僕の兄が紹介され、昔日本で大流行しただっこちゃん人形のようだと、年増(失礼!)のファンがたくさんついたとホピで聞きました。今回、僕も縁があって、日本にやってきましたが、とてもクリーンな国なんで、びっくりしました。また、ちょうど、桜の季節だったので、なんて美しい国なんだろうと思いました。ホピのひとたちもそうですが、日本のひとたちも季節感を大切にする国民なんですね。

マ5マ3

僕らマストッフカチーナは、黒い顔に白いドット、胴体には白い手形模様、そしてひだえりとキルトのスカートをはいているのが特徴です。顔の白いドットはもともと星座を象徴するらしく、右側がプレイアデス星団、左側は北斗七星だそうです。ロマンチックでしょう?僕たちマストッフカチーナはソヤルというセレモニーというホピの重要な儀式の最終日あたりに、第3メサに登場します。

マ4

僕らマストッフって、僕らの死んだ祖先たちがホピの女性が多産に恵まれますようにって、あの世からのお祈りを象徴しているのだそうで、キュートなみかけにしては、なかなかこれで重要な役割をもってるんです。僕の生みの親は、兄同様、第一メサに住む、ベテランカーバーのクラークさんです。

M1

身長は頭の羽飾りを入れて,約39センチ。コットンウッドに自然顔料で彩色。両耳のアクセントには藁が使用されている。全体に彩色されている黒は、自然顔料のため、渋めの黒。この黒色は第一メサのシダの木の樹液が原料です。大変愛らしい、カチーナの逸品です。クラーク・テナコングヴァ作。

SOLD




Copyright (C) Katsin' Manas LA 2009   All rights reserved.
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。