北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”Hopi Blue Corn Bracelet”  ブルーコーンのブレスレット
steve6.jpg

すっかり寒くなりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?さて、先日、当ブログでもご案内した『第三回ホピ・ズニ作家展』に行って参りました。パートナーであるカチン・マナスTOKYOの渡辺女史とわたしはあくまでも真面目にお手伝いをするという名目で墨田の会場に参上しました。ところがです。そこでとんでもないことが起きてしまいました。なにかというと、わたしたちふたりとも、お手伝いそっちのけで、今回初来日したスティーブさんの作品にかぶりつき状態になってしまったのです!

steve1.jpg

steve4.jpg

主催者である伊藤さんから、”お二人ともスティーブのところだけでなく、もっと全体をお願いします。市川さんはしっかり通訳もお願いします”と言われてしまいましたが、こっちもそれどころでなく、スティーブさんのブースから離れられなくなりました。それほど、彼のジュエリー作品にはインパクトがあり、すっかり引きつけられてしまったのです。私たちカチン・マナスはもともとジュエリーにはほとんど興味がなく、伝統的スタイルのカチーナ人形を専門としております。それが、です。遂に、”買おう!”ということになってしまいました。運良く、渡辺さんの好みと私の好みがちがうこともあり、同じ作品の取り合いになることは避けられました。渡辺女史が購入した作品も実に素晴らしく、個性的で気品に満ちあふれたものでした。

steve5.jpg

steve3.jpg

スティーブさんのフルネームは、スティーブ・ウィクヴィア・ラランス。私が購入したこの作品は、"The Blue Corn"というもので、シルバーのベースにそれぞれ色が微妙に異なる100個のとうもろこしがターコイズであしらわれています。ホピ族の主食はコーン(とうもろこし)はですが、そのなかでもブルーコーンが特に好まれています。とにもかくにも、このブルーコーンのブレスレットをスティーブさんから何度も拝借して、会場にある大きな鏡のまえで、これを右腕につけた自分にすっかり見とれていました。値段も値段なので、決断に丸一日かかってしまいました。ブレスレットの内側にはサンカチーナが彫られており、これをこれをつけた瞬間パワーをもらえるように感じるのがとても不思議です。

steve2.jpg

下がスティーヴさん。来日中に上野の展覧会にお連れした折、美術館内のレストランにて撮影した写真です。

 steve00.jpg

下の写真は、わたしと渡辺女史。それぞれ、スティーブさんから購入したジュエリーをつけています。渡辺女史のほうの作品は相当重いらしく、そのときは腕からはずされています。

steve0.jpg

今は、とにかくこのブルーコーンのブレスレットが私のお気に入りです。スティーブさんは来年また墨田で予定されている作家展に参加するそうです。いまからとっても楽しみ!

次回の更新では、ちゃんと伝統的スタイルのカチーナ人形をご紹介いたしますので、それまで今しばらくお待ち下さい。それではみなさま、風邪などひかないよう、どうかお元気でお過ごしください。


Copyright(C) Katsin' Manas LA 2009   All right reserved.
 
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。