FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション  (56)コーンダンサー Corn Dancer
僕はホピでは最もポピュラーなカチーナで、ホピ名はカエ(Ka-e)。ホピのほとんどの儀式に登場し、ホピの主要作物であるトウモロコシの豊作を願う役割を担います。カーバーにより当然仕上がりも違ってきますが、基本的なエレメント、例えば、頭上の羽飾り、円筒の鼻、ベイマツのひだえり、そしてほっぺたにあるトウモロコシの模様ははどれも統一しています。

corn dancer front

corn dancer right 

僕らコーンダンサーは大変多彩。唄って、踊って、そして儀式の役割もきっちりこなすということで、どの儀式にも引っ張りだこ、ホピの儀式にはなくてはならないカチーナです。僕の生みの親は、フィルバート・ホナニーさん。カチーナのカーバーになるために生まれてきたような方で、実力においては現在フィルバートさんの右に出るカーバーはいないと言われています。たくさんの若手カーバーにも慕われているようで、熱心に彼らの指導もしていると聞いています。

corn dancer left

corn dancer backview 

身長は頭上の羽飾りを入れて約25センチ。コットンウッドに自然顔料で彩色。胸のクロスのたすきは黒い毛糸です。色合い、ディテールとも素晴らしく、頭上の羽根がなんともゴージャス!大変完成度の高いコーンダンサーです。フィルバート・ホナニー作。
2017年。

 

Copyright (c) Katsin' Manas LA 2017  All rights reserved.


スポンサーサイト

カチーナ人形コレクション  (55)マストップ Mastop
ジャパンの皆様、まだまだ暑い日が続きますね。体調の方はいかがですか?
さて、僕は、つい最近ホピからやってきたマストップと申します。よろしくお願いします。マストップは、マストッフ(Mastof)とも表記され、英語では、Death Fly Kachina (ハエのカチーナ)と言います。

mastof.jpg

黒い顔に白いドット,胴体には白い手の模様,そして、ひだえりとキルトのスカートを履いているのがマストップの特徴です。顔の白いドットは本来星座を表徴し、右側がプレイアデス星団、左側が北斗七星を象徴するのだとか。何ともロマンティックですね。

mastof left

mastof right

マストップはソヤルの儀式の時に第3メサに現れ、死んだ祖先たちがホピの女性が多産に恵まれますよう、あの世からの祈りを捧げる役割を持っています。

mastof backview

原材料は、コットンウッド。主に、自然顔料にて彩色されています。頭のアクセサリーは羽根で、両頬の飾りは太い生成り色のコットン糸。大変洗練されており、完成度も高く、細部に渡り丁寧に作られています。身長は頭の羽飾りを入れて約19センチ。このカーバーであるTay Polequaptewaさんですが、現在大変注目されているカーバーです。小さいながら全身からパワーが漲る、まさに、マストップの逸品。2017年。



Copyright (c) Katsin' Manas LA 2017  All rights reserved.






カチーナ人形コレクション (54)エオトト EOTOTO
カチン・マナスLAが久々にブログを更新するということで、いきなり僕が駆り出されました。何故僕なんだろうと不思議に思ったんですが、彼女によると、僕がカチーナの酋長的存在だからだそうです。そう、僕、エオトト、は実は全てのカチーナの父。ホピではもっとも尊敬されているんです。まるで宇宙人のようで、なんとも摩訶不思議な雰囲気が特徴です。飄々としているというか、どうも頼りなさそうなルックスなんで本当に酋長?!って思われるでしょうけど、本当なんです。これでも僕は、ホピのすべての儀式を熟知してるんですよ。

IMG_1133.jpeg

IMG_1135.jpg

僕を生みの親は、フィルバート・ホナニー氏。カチーナを作るために生まれてきたような方で、現在、フィルバートさんの右に出るカーバーはいないのではないでしょうか?少なくとも、僕はそう思っています。自然顔料で彩色されているため、僕の仕上がりはとても優しく、より一層ふんわりしたムードに包まれています。我ながら、見ているだけで心を和ごましてくれるカチーナだと思っています。

頭には、羽根飾り、胸のたすきは毛糸です。身長は25センチ。 フィルバート・ホナニー作。



Copyright (c) Katsin' Manas LA 2017     All rights reserved.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。