FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形アーティスト (1)Philbert Honanie フィルバートさん
Philbertmotel.jpg

Pilbertatmtel.jpg

この写真は、先日LAのカチン・マナが出張で日本に出発する前日にフィルバートさんに会ったときの写真。フィルバートさんのお嬢さんはなんとアリゾナ州の高校生クロスカントリー競技の代表選手。そこで、ロス近郊で開催された全米選手権大会にホピから出場することになったお嬢さんの応援に家族でやって来た。出発前の荷造りに没頭していたLAのカチン・マナに、久々にフィルバートさんから電話。『ミエコ!今、ロサンゼルス方面に向かっている!アリゾナ州は既に超した。今ネバダ州を運転中。カルフォルニア州近くになったらまた電話するから、頃を見計らってぜひ会いに来てくれ。新しい作品持ってきたぞ!家族も一緒だ!』と、これまたいきなり。パニック寸前になったLAのカチン・マナはとにかく荷造りをほっぽらかし、結局、車を2時間飛ばして滞在先のモーテルに駆けつけたところ、フィルバートさんはそこでもお仕事!!その晩はフィルバートさんと奥さんのパールさん、下のお嬢さんのアヤちゃん、ティーンエージャーの息子さん(モーテルのプールサイドでホピにいるガールフレンドと熱心に長電話していた)の4人とLAのカチ・マナとで近くのチャイニーズレストランで夕食を食べた。フィルバートさんは3日間ロス近郷にいる間、ずっと働くつもりなのか、装飾用の羽根や毛糸、作業途中のカチーナ人形をたくさん持参してきた。その日は朝4時にホピを出発、ノンストップでその日の夕方7時ににロス近郊に入ったとか。15時間も運転してた疲れなどないかのように、モーテルに着くや作業に没頭していた。フィルバートさんの作品はこのサイトのコレクションにもたくさん含まれていますので、ご覧になりたいかたは下の作品をクリックしてください。

 (1)HONAN ホナン
 (3)MATYA     マトヤ
 (7)KOYEMSI MANA   コイヤムシ・マナ
(11)KOKOPELLI     ココペリ
(14)PAYUNTUM     パユンタム
(15)POWAMUI     ポワムイ
(17)SOTUNG TAKA   ソタング・タカ
23)PAAKWA   パアクア
(27)KOKOPELLI   ココペリ
(31)MASAN WUHTI     マサン・ウッティ
(33)TAWA     タワ

フィルバートさんはホピのトップカーバーの一人。人懐っこく、とてもフレンドリー。カチン・マナスが一番最初に親しくなったホピのカーバーだ。下の写真は、セドナでのフィルバートさん。セドナでアート&クラフトのエキスポがあるというので、ホピに滞在していたわたしたちカチン・マナスはフィルバートさんの応援にホピからセドナに駆けつけた。ホピからは5人ほど行くはずになっていたのに、約束どおりセドナに行ったのはフィルバートさんひとり!下はそのときの写真。フィルバートさんが手に持っているのは、そのときLAのカチン・マナが入手した(1)ホナンである。フィルバートさんはエキスポの会場にてそれを製作中だったが、これは必ず入手しようと決めたカチン・マナたちはフィルバートさんにランチを運んだりして、会場で時間つぶしをしてたのだ!味わいのある、とってもいい作品に完成した。感激!

Me  Philbert

下の写真はホピのフィルバートさん宅。東京のカチン・マナとフィルバートさんのお宅を訪ねたときの写真。テーブルの上にあるのは、これから彫る人形のためのコットンウッドと顔料。フィルバートさんはをすべて自然顔料を使用して彩色する。彼は完璧主義者である。納得がいくまでどんなに時間がかかっても作業に手を抜かない。

フィルバート/スミコ/ミエコ

フィルバートさんを真ん中に、左が東京のカチン・マナ(渡辺純子女史)で、右がLAのカチン・マナ(市川実英子)です。

Copyright (C) Katsin' Manas LA 2007 All rights reserved.
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/12-5548a397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。