北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (51)ココリ Kokole
ココリ1

こんにちわ。僕はココリ、語り部のカチーナです。先日、ホピから京都に遊びに来ました。いやはや、この寒さはホピ並みですね!震えるなか、カチンマナスLAの市川さんに写真を撮ってもらいましたが、どうでしょうか???
(この首の羽根かざり、大変暖かく、実に助かってます!)

ココリ4 ココリ3
ココリ2
 
僕たちココリは、2月のビーンダンスの儀式が行われる4日前の晩に姿を現し、大車輪の活躍をするんです。ホピの人たちに昔話を聞かせたり、作物の豊作を予言したりして、その晩は、子供たちや大人に、またお年寄りたちからもひっぱりだこ。だれしも昔話とか伝説を聞きたがっているんで、僕たちの登場を心待ちにしているんです。登場すると、「待ってました!!」と拍手喝采。僕たちのとぼけた表情が村の人たちに安心感与えるのか、もともと愛すべきインパクトのある顔なのか、とにかく僕たちは人気者なんです。

確かに、独特ですよね、僕らのルックス。僕のこのくっきりしたこの目鼻立ちはトウモロコシの茎を象徴してるのだそうです。鳥の足跡を表した模様がほっぺたに描かれているのもココリの特徴です。ダグラス•モミのひだ襟を首に巻き(僕は羽根の襟ですけど)、男性物のコートとかフリンジのついた猟り用のシャツを着ていて、赤いモカシンを履いている。手には、ラトルとか弓矢をもって儀式に現れるんです。

KOKLE.jpg

このイラストは典型的なココリで、僕の姿形をよく表しています。僕の生みの親は、フィルバート•ホナニーさん。今、最も活躍しているカチーナ•カーバーです。自分で言うのもなんなんですけど、僕はかなり精巧に、魅力的に作られています。カチンマナスLAが、ホピで僕を一目惚れし、フィルバートさんから譲り受けたそうです。僕は、頭の羽根をいれて、身長16センチと小粒ですが、かなり存在感があると思います。

このサイトでも以前、マニュエル•シャヴァリアさん作のココリが紹介されていましたが、それよりかなりのチビです。でも、小粒でもピリリとしていて作品としての完成度は高いらしいです。どうぞよろしくね!



身長16センチ。コットンウッドに自然顔料。ふんだんに羽根が使用されている。手のひらサイズの完成度の高いカチーナです。作者は、フィルバート•ホナニー。



イラストは、"HOPI KATCINAS" by Jesse Walter Fewksより


Copyright (C) Katsin' Manas LA 2013   All rights reserved.

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/129-6c2f397b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。