FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション  (55)マストップ Mastop
ジャパンの皆様、まだまだ暑い日が続きますね。体調の方はいかがですか?
さて、僕は、つい最近ホピからやってきたマストップと申します。よろしくお願いします。マストップは、マストッフ(Mastof)とも表記され、英語では、Death Fly Kachina (ハエのカチーナ)と言います。

mastof.jpg

黒い顔に白いドット,胴体には白い手の模様,そして、ひだえりとキルトのスカートを履いているのがマストップの特徴です。顔の白いドットは本来星座を表徴し、右側がプレイアデス星団、左側が北斗七星を象徴するのだとか。何ともロマンティックですね。

mastof left

mastof right

マストップはソヤルの儀式の時に第3メサに現れ、死んだ祖先たちがホピの女性が多産に恵まれますよう、あの世からの祈りを捧げる役割を持っています。

mastof backview

原材料は、コットンウッド。主に、自然顔料にて彩色されています。頭のアクセサリーは羽根で、両頬の飾りは太い生成り色のコットン糸。大変洗練されており、完成度も高く、細部に渡り丁寧に作られています。身長は頭の羽飾りを入れて約19センチ。このカーバーであるTay Polequaptewaさんですが、現在大変注目されているカーバーです。小さいながら全身からパワーが漲る、まさに、マストップの逸品。2017年。



Copyright (c) Katsin' Manas LA 2017  All rights reserved.






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/136-4e76b192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。