北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (14)PAYUNTUM パユンタム
frontA.jpg

僕は、左半身が農夫、そして右半身がピエロという、大変めずらしいカチーナで、ホピではパユンタムという名で呼ばれています。

www.jpg

ホピという土地は3つのメサに分かれているのですが、実は3つのメサにはそれぞれ特有の伝統と文化と方言があります。ほとんどのカチーナの名前は3つのメサで共通していますが、僕のようなめったにないカチーナになると、メサによって呼び名が違ってきます。

right2_20071222134029.jpg

それで、作者がどのメサ出身かで呼び名が決まるんですが、僕の作者はフィルバートさんなので、フィルバートさんの出身である第3メサの方言で名前がよばれます。これがたとえば第1メサのクラークさんが僕を作ったら、今度は僕の名前がナトゥクヴィカ((Natukvika)になります。それぞれのメサでまったく違うんです。ちょっとややっこしいですか?でも、僕のようなカチーナを作るには相当な技術と経験を要するんで、ほとんどめったに作られることがないため、こういうケースは今後もおそらく僕だけだと思います。どうかご安心ください。

left_20071222133013.jpg

さて、半身がピエロで、半身が太鼓をたたいて種まきをする農夫の僕ですが、名前はメサによって違うとはいえ、役目や象徴しているものは共通しています。僕はホピの儀式では、コーンダンスのときにいきなり飛び出して来て思いっきり太鼓を叩くカチーナで、僕が飛び出していくと大喝采を受けるんです。ピエロといっても、ホピの儀式では観客をからかったり、意地悪をしたりするピエロがほとんどですが、僕は心のやさしい、性格のいいピエロ。半身の農夫の部分の顔の色は、通常、グリーンかブルーでこれは水を意味し、また額にあるのはアワビの貝殻は雨のしずくを象徴しています。ホピのひとたちにとって水は大変貴重ですし、ましてやコーンはホピでは最も重要な大地の産物です。彼らにとって雨というのは神様からの恵みなので、僕が儀式で飛び出してたいこを叩くとそれがきっと雨をもたらしてくれると大いに期待し、場が盛り上がるんです。それで僕はコーンダンスの儀式ではなくてはならないカチーナとしてホピのひとたちから親しまれています。

back2.jpg

僕の生みの親であるフィルバートさんは納得ゆくまで時間をかけて僕を制作したそうです。僕は現在ロサンゼルスのカチン・マナのところで管理されていますが来春には日本にも遠征する予定です。下は作者のフィルバートさんで、先日ロサンゼルス近郊にやってきたときに撮った写真です。

Philbertmotel.jpg

Pilbertatmtel.jpg


身長は頭の羽飾りをいれて約29センチ。コットンウッドに自然顔料で彩色。左半身の頭部は羽飾りがふんだんに使われており、右半身のピエロの頭部のアクセサリーはアイボリー色の厚紙と太めの白い毛糸が使われています。額にはアワビの貝殻が使用。彩色、ディテール共に素晴らしく、大変完成度の高い作品に仕上がりました。フィルバート・ホナニー作。

(価格)太陽 SOLD

*価格に関しては、メニューの”ご案内”をご参照ください。



Copyright (C) Katsin' Manas LA 2007 All rights reserved.
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/22-a71cee52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。