北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (15)POWAMUI ポワムイ
beanfront.jpg

Greetings! 僕はポワムイ、ホピからやってきました。ポワムイは、 英語でビーンダンサー。

beanup.jpg

ホピには、昔から毎年真冬にポワム(POWAMU,英語はビーンダンスとなります)といって作物の豊作を祈願するとても重要な儀式があるのですが、そう、僕は今ではそれを代表するカチーナなんです。僕の顔の格子模様は豆を意味し、身体全体のグリーンは雨と豊作を象徴しています。

beanside.jpg

僕は、比較的最近のカチーナです。カチーナたちは毎年7月にサンフランシスコピークスに帰り、半年後にホピに戻ってくるとホピの人たちは信じていますが、その半年間の間で、最初に行われる大きな儀式がポワムです。ポワムは8日間にかけて行われますが、初日はその後半年間使われることになるホピの男たちの演じるカチーナのマスクの色を塗り直す準備からはじまります。キヴァでは8日間火が燃やされ続けます。キヴァに入る男たちはみな濡れた土がてんこもりになったバスケットを手にもっています。キヴァに入ると、その濡れ土に一掴みの豆を植えるのだそうです。キヴァ内は火で温室状態なので、豆からはあっという間に芽がでてくるそうです。ホピたちにとって芽は春のおとずれと肥沃を象徴しています。

beanback.jpg

儀式はキヴァ内のダンスで締めくくられます。ダンサーたちは赤と白のボディペインティングを身体に施し、ユッカの葉っぱで作られた髪かざり(カボチャの花を意味しています)を被り、2列になって、春の豊作とカチーナたちが雨をたくさんもたらしてくれることを祈願します。男たちのダンスが終わると、いよいよ僕たちカチーナたちの出番です。カチーナたちはマスクを被り、ボディーペインティングをほどこし、手にカチーナ人形やガラガラ(女の子用)や弓矢(男の子用)を持ってプラザに登場します。そして、そのときにキヴァで出来上がった豆の芽を子供たちにあげることになっています。下のイラストは、髪を下げたカチーナ・マナとカーワンカチーナ。二人の間にあるのが、豆の芽がたくさんでている濡れ土とそれが盛られたバスケットです。

もやしのバスケット
"HOPI KATCINAS" by Jesse Walter Fewkesより

身長は頭の羽飾りをいれて43センチ。コットンウッドに自然顔料で彩色。カラフルで、珍しい作品です。頭上は白いコットン、正面右には小さな羽根と白い凧糸が使用されており、色とりどりの羽飾りが大変見事な作品に仕上がりました。フィルバート・ホナニー作。

(価格)雪 SOLD


*価格に関しては、メニューの”ご案内”をご参照ください。

Copyright (C) Katsin' Manas LA 2007 All rights reserved.
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/23-10660377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。