FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナコレクション (22)カエ Ka-e
KAEfrontsenjyu.jpg

コーンダンサーにもいろいろ種類がありますが、唄って、踊って、儀式の役割もしっかり果たすということから、わたしらカエというのは最もポピュラーなコーンダンサーです。ちなみに、このブログで以前紹介されたソタング・タカもコーンダンサー。日本の主食はお米のようですが、ホピではトウモロコシが主食です。大変重要な農作物なので、その豊作祈願のシンボルであるわたしらコーンダンサーはいつも忙しく、ホピの儀式、とくにダンスの儀式になると、わたしらをみかけないことはないほどひっぱりだこのカチーナなんです。

KAEfrontview.jpg
KAE closeup

それはさておき、先日銀座で開催された「ホピ・カチーナ展」では、私もホピから参上したんです。ギャラリーの正面にベテランカーバーのクラーク大先生の作品が堂々展示されていましたが、私は正面左下のあたりに展示されていました。縁あって、私に一目惚れした方がいて、開催と同時に私は売約済みとなり、カチンマナたちを驚かせました。カチンマナたち曰く、人形というのはすべて行くべき人のところに行くものだ、人形と新しい持ち主というのはそうした運命的な出会いがあるものなのだそうです。私同様、日本に行ったカチーナたちが新しい持ち主に幸せをもたらしてくれるにちがいありません。

KAEsideview.jpg

先日の展示会はカチンマナたちの初めての企画/主催によるものでした。日本の方々がカチーナ人形というものにどう反応されるか、当初は手探り状態だったそうですが、展示会でのお客さんは実に熱心で、また眼識も高く、手応えがあったとほっとしたようです。カチンマナたちも日本のお客さんたちから大いに元気をもらったと喜んでいましたし、来年の展示会にむけて、より一層の情熱をもって邁進してゆくにちがいありません。どうか、これからもわたしたちを応援してください。

KAEbackview.jpg


身長33センチ。コットンウッドに自然顔料で彩色。色合い、ディテールとも素晴らしく、完成度の高いカチーナの逸品です。クラーク・テナコングヴァ作。


価格)雪 SOLD

*価格に関しては、メニューの「ご案内」をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas LA 2008   All rights reserved.

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/34-418568b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。