北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチ-ナ人形コレクション (25)HONAN  ホナン
k-honanclose-up.jpg

僕はホナン。これまでこのサイトで紹介されたマニュエルさんフィルバートさんが作ったホナンを見慣れてしまっている方たちは、あれ~、ほんとにこれもホナン?なんて戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんね。そうなんです、僕もホナンなんです。

K-honanfront.jpg

僕の生みの親は草分けカーバーのクラーク先生。実は、マニュエルさんフィルバートさんのホナンって本当にパワフルで、インパクトが強いんで、僕は今回ここに登場するのもややビビリ気味で、正直、逃げ腰だったんです。それで、クラークさんから“もっと堂々としろ!!”とどやされ、勇気をもって登場したんです。でも、こうしてここで紹介され、みなさんからもあたたかい応援をいただき、ほっとすると同時に、とてつもなくハッピーな気持ちになってきました。

k-honansideview.jpg

ホナンというのは、メディソンマンとかヒーラーの役割をもっているので、本国、アメリカでは大変人気のあるカチーナなんです。カチーナ人形を集めるにあたっては、まずマザーのハハイ・ウッティを手始めに、次はどのカチーナにしようかなと考えたときに、多くのひとはヒーラーの僕たちを手元に置きがるのだそうです。クラーク先生作の僕もホピでは大変な人気を博してるんです。

K-honanback.jpg

下のこの写真、何だと思います?そう、僕を製作中のクラーク先生です。LAのカチン・マナスにせかされて、必死になって僕をつくっている先生のお姿です。鼻歌まじりにやっていたわりには、よく見ると、先生の額にはもしかして脂汗か。。なーんちゃって!(す、すみません、先生!)

clarkphoto.jpg

頭上の羽根も大変立派ですし、彩色もさすがは大先生だけあり、見事に仕上がりました。ホナンですから、ほっぺたにはアナグマの足跡があります。現在は、ロサンゼルスのカチン・マナのところに管理されていますけど、来春の展覧会には僕も日本に参上することになっています。それまで、みなさんお元気でお過ごしください。


頭上の羽根を含め、身長44センチ。コットウッドに自然顔料にて彩色。額には赤い毛糸のアクセント。赤い前髪が大変ビビッドで、頭上の羽飾りも大変立派なはっと目をひくホナンに仕上がりました。クラーク・テナコングヴァ作。

(価格)虹
SOLD


*    価格に関しては、メニューの“ご案内“をご参照ください。


Copyright (C) Katsin’ Manas LA 2008   All rights reserved.



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/38-bab71a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。