FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション(26)Masau & Masau Mana マサウとマサウ・マナ
masaucouple closeup

みなさん、こんにちは。わたしたちは、マサウ・マナ(写真左)とマサウ(写真右)です。わたしたちマサウは、ホピの人々の保護者的な役割を担い、別名、Earth God(地上の神様)とも呼ばれています。ホピの儀式ではわたしたちカップルはいつも一緒に姿を現します。他のカチーナたちは、一年の半分をホピ、半分をサンフランシスコピークスにで暮らしていますが、わたしたちは、サンフランシスコピークスには暮らさず、一年中いつでもホピに行くことが出来ます。カチーナたちは、7月に行われるニーマンカチーナの儀式が終わると、サンフランシスコピークスに帰ってゆくのですが、わたしたちの本当の出番はニーマンカチーナの儀式が終わる翌月の8月です。

masaufrontview.jpg

儀式では、マサウに扮するホピの男性は、大きな丸い目と口、カラフルな小さな丸が沢山描かれた白いマスクを被り、頭の上には祈りのための羽根を沢山くっつけた何本もの小枝を乗せ、ウサギの皮で作られた毛布をまとい、キルトにサッシュを締め、赤いモカシンを履き、手にユッカの葉のムチを持って登場します。また、マサウ・マナは、メサによって異なりますが、頬に数本の斜めのライン、鳥の羽根のあご髭、ナオソミと言われる渦巻き型の髪、女物のショール、そして白いブーツをはいて登場します。顔は、第2メサでは白いマスク、第3メサでは泥色のマスクとなります。マサウ・マナは、たくさんの雨をもたらす神様としてホピのひとびとから敬愛されています。

masaubackview.jpg

さて、わたしたちの生みの親はウェイランド・ナミンガさん(写真下)。若き才能溢れるアーティストです。このサイトでもおなじみの第3メサに住むフィルバートさんの近所に住んでいます。LAのカチン・マナがウェイランドさんの噂を聞きつけて、ぜひ一度会いたいと探していたところ、なんと、フィルバートさんのところを訪ねたらウェイランドさんがそこにいたのだそうです。世の中狭いというか、とても不思議な縁を感じたそうです。これからもウェイランドさんの作品がこのサイトで紹介されると思いますので、どうか楽しみにしていてください。

Waylandphoto.jpg


身長は、マサウが頭の羽根かざりを入れて22センチ。マサウ・マサは18センチ。コットンウッドにミックスメディアにて彩色。大変愛嬌があり、手元においておきたくなるカチーナ。作品としても完成度が高く、小さいながら、存在感に溢れた作品です。ウェイランド・ナミンガ作。

(価格)マサウ、マサウ・マナともに雪

* 値段に関しては、メニューの“ご案内”をご参照ください。


Copyright (C) Katsin’ Manas LA 2008   All rights reserved.



テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/39-fc70f079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。