FC2ブログ
北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (33)タワ TAWA
tawafront.jpg

僕はタワ。“太陽”のカチーナです。僕はホピの儀式にはあまり登場しませんが、シンボル的な存在のカチーナで、ミックスダンスにはいつも顔を出します。

tawaleft.jpg

ご覧の通り、僕の顔はまん丸で、額は赤と黄色に塗り分けられ、長方形の目と、逆三角形の黒い口。これらはタワ・カチーナの特徴です。また、顔のまわりに太陽を表す羽根が一周しているので、一目でタワとわかると思います。儀式に登場しないわりには、カチーナのなかでは好感度ナンバーワン。太陽を表すだけあって、他のカチーナとはちょっと別格で、とても人気のあるカチーナなんです。

tawaright.jpg  

僕の生みの親は、フィルバートさん。フィルバートさんはタワ・カチーナを作るのがとても好きだそうで、僕を作る過程もそれは慎重、丁寧で、顔のまわりの羽根も一本一本づつ懇切丁寧に真心を込めて入れ込むんです。

tawaback.jpg

このサイトでもお知らせしたかもしれませんが、ホピでは毎年10月第2週目の週末にツヒズマ(Tuhisma)というアート&クラフトショウがあるんですが、それにかこつけてカチン・マナたちはホピに来たんです。そのときにフィルバートさんから譲り受けたカチーナのひとつがこの僕です。僕はそれ以来ロサンゼルス在住のカチーナです。ホピもいいけど、ロサンゼルスってところもなかなかいいですよ。


身長28センチ。コットンウッドに自然顔料で彩色。素朴で、大変愛らしいカチーナです。自然顔料のよさが如実に表現されたカチーナの秀作。フィルバート・ホナニー作。

(価格)雪 SOLD

* 価格に関しては、メニューの“ご案内”をご参照ください。



<<<2008年開催されたTuhisma(アート&クラフトショウ)のポスター>>>
tuhisma.jpg

イベントのご案内:

「ホピ・ズニ作家展 さいたま展」が、11月8日(土)~10日(月)までJR浦和駅近くのSalon de flamme (サロン・ドゥ・フラム)で開催されます。
ホピとズニのジュエリー作家が数人来日し、作品が展示即売されます。
詳しくは、「ホピ・ズニ作家展」をご覧ください。




Copyright © Katsin’ Manas LA 2008  All rights reserved.

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/60-d5708526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。