北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (35)AVACHHOYA アヴァチュホヤ

spottedfront.jpg

僕はアヴァチュホヤ、英語ではファイアーカチーナという名前で呼ばれています。 ホピでは、毎年7月にニーマンカチーナダンスという大きな行事があります。そう、カチーナたちが7月にサンスランシスコピークスに帰る季節に行われるとても重要な儀式です。その儀式の代表格であるカチーナがヘミス・カチーナ(Hemis Kachina) で、僕はそのへミス・カチーナの弟です。ヘミス・カチーナはニーマンダンスの代表格なので、時にはニーマンカチーナとも呼ばれます。ニーマンカチーナダンスというのは、日本でいうお盆かもしれません。死者や精霊を手厚く葬る、畏怖の念を持ち続けるという点では、日本のひとたちと僕らホピ族に共通点があるような気がするのですが。。。
 
spottedsideview.jpg

ファイアーカチーナには各メサによって異なりますが、僕の生みの親が第一メサ出身のクラークさんですから、僕は典型的な第一メサのファイアーカチーナです。 クラークさんは僕の額に水の守り神であるカエルを描いてくれ、僕をよりカラフルに仕上げています。頭の髪飾りもうんと派手にあしらってくれました。僕はカチン・マナスLAがごく最近クラークさんより委ねられた作品で、10月以来ロサンゼルス在住です。来年2月にカチン・マナスのお姉さまたちが、第2回目のホピ・カチーナ展を開催する予定らしく、僕もその時は日本に連れて行ってもらえそうで、いまからドキドキしています。その節はどうぞよろしく!

Aback.jpg  

身長は頭上の飾りも入れて約40センチ。コットンウッドに自然顔料にて彩色。頭上にはゴージャスな髪飾りがあしらわれ、大変愛らしいファイアーカチーナに仕上がっています。額に描かれたカエルにもご注目ください。クラーク・テナコングヴァ作。

(価格)雪
SOLD

*価格に関しては、メニューの”ご案内”をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas LA 2008   All rights reserved.
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/66-48b2fbf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。