北米最古の先住民であるホピ族の文化とカチーナ人形をご紹介するサイトです。
ホピ・カチーナ人形コレクション
by Katsin' Manas LA

プロフィール

カチン・マナス LA

Author:カチン・マナス LA
Katsin' Manas LAの市川実英子です。Los Angelesから日本のみなさまにホピとカチーナ人形を紹介してゆきます。このサイトで扱うカチーナ人形は、ホピのトップカーバーたちが丹念に作り出した伝統的スタイルのカチーナ人形です。ごゆっくりお楽しみください。

人形に関するお問い合わせは
miekoichikawa@mac.com
まで。

メニュー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチーナ人形コレクション (46)HONAN  ホナン
マンス3

僕はホナン。本来は赤い耳に大きな鼻、そしてほっぺたにアナグマの足跡の模様があることから愛称アナグマです。今では、耳の部分が赤でなく、白、黒、グリーン、また僕のようにニュータイプは耳のところからイーグルの羽根がついていたりと、いくつかのタイプがあります。ホナンは第一メサのミックスダンス(Mixed Kachina Dances)の儀式やみずへび(Water Serpant)の儀式によく登場します。

ホナンは戦士ですが、戦士よりも、ヒーラーとして広く知られています。おそらく、ヒーラーのカチーナといえばホナンと言われるほど、その癒しのパワーには定評があります。病気に打ち勝ちたい、元気になりたいと願うひとは必ずといっていいほどホナンを自分の身辺においておくんです。僕らホナンの役割は人々の心を癒し、病気や身体の痛みを少しでも和らげてあげることだからです。

マンス1 マンス2

僕の生みの親はカチーナカーバーとしては大御所中の大御所、ヴァーノン・マンスフィールド氏。数年前になりますが、カチン・マナスがホピに来たときに、直接マンスフィールド氏よりゆだねられた作品です。彼女たちの友人であるマーリンダさんが一度ぜひ紹介したいということで、第一メサにある氏のお宅にカチン・マナスを連れて来たのです。それ以来、僕はカチン・マナスに大切にされてきましたが、先日縁あって、岐阜のカチーナ人形コレクターのもとへ行くことになりました。岐阜でのニューライフが楽しみです。しっかり役目を果たそうと思っています。

(価格)SOLD




Copyright (C) Katsin' Manas LA 2010  All rights reserved.

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katsina.blog29.fc2.com/tb.php/99-9e6e8511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。